JDAオイル

エンジンオイルについて

エンジンオイルとは、エンジンに使用されている潤滑油です。エンジンは、クルマにとって重要な部品「心臓」です。エンジンオイルは「血液」にあたります。常に循環している血液がなければ生きていけないように、クルマが機能するには、エンジンオイルがエンジン内を循環することが必要です。エンジンオイルがなければエンジンは壊れてしまいますし、汚れていればエンジンに負担をかけてしまいます。

エンジンオイルの役割は、潤滑、密封、冷却、洗浄、防錆など、エンジンを保護し、エンジンの性能を最大限に活かすために必要なのです。

  • エンジンオイルの役割その1-【潤滑作用】
  • エンジン内部の金属部品(ピストン、クランクシャフト、カムシャフトなど)が、1分間に数百~数千回転の高速運動をするために生じる摩耗や焼き付きを軽減し、滑らかに動くようにエンジンオイルは働きます。

  • エンジンオイルの役割その2-【密封作用】
  • エンジン内の気密を保ち、燃焼によって作られたエネルギーが隙間から逃げないようにエンジンオイルは働きます。(エンジン内部:シリンダーとピストンの間は完全に密着しているのではなく、わずかな隙間があり、それによってピストン運動を保持しています。)

  • エンジンオイルの役割その3-【冷却】
  • エンジンの各部品は、燃焼や摩擦により、とても高温になっています。エンジンオイルは、各部品から発生した熱を吸収して必要以上の加熱を防いでいます。各部品を回り熱を吸収したオイルは、オイルパン(エンジンオイルを溜めておくところ)に戻り冷却されるのです。

  • エンジンオイルの役割その4-【洗浄作用】
  • エンジンが動くことによって、エンジン内部に付着する汚れや金属のカスが特定の場所に留まらないようにオイルエンジンは、吸着したり分散したりしてエンジン内をクリーンに保ちます。エンジンオイルが黒く汚れるのは、このためなのです。定期的にエンジンオイルを交換することをお薦めいたします。

  • エンジンオイルの役割その5-【防錆作用】
  • エンジン内部では、燃焼や回転運動により高温になるため、外気との温度差により水分が発生し、錆が発生し易い状態になります。エンジンオイルは、エンジン内部の金属部品の表面に膜を作り水分などが直接触れないようにして、エンジンの寿命を短くする錆が発生することを防いでいます。

エンジンオイルの種類

エンジンオイルは、メーカー指定の粘度があり、クルマのマニュアルやオイルの注ぎ口にメーカー指定のオイル粘度が書かれています。そのほかにも、エンジンオイルには種類(オイルを作る製法による3種類)やグレードがあります。

  • エンジンオイルの種類その1-【鉱物油】
  • 原油を蒸留して精製された一般的に昔から普及しているエンジンオイルです。価格は安いですが、耐熱性能に劣り酸化も早く劣化しやすい性質があります。分子量がバラバラで揃っていないため、組成が破壊されやすいのです。

  • エンジンオイルの種類その2-【100%化学合成油】
  • 原料は鉱物油と同じですが、さらに高度で複雑な過程を経て精製されています。価格は高くなりますが、原油から可能な限り不純物を取り除き、成分や分子量を安定させ、エンジン洗浄と環境を考えた高性能なエンジンオイルです。エンジンの冷却性能や保護性能が高く、エンジンオイルの耐久性も長い傾向にあります。あらゆる条件下において高性能を発揮します。

  • エンジンオイルの種類その3-【部分合成油】
  • 鉱物油に化学合成油あるいは水素化精製油を20%~30%混合したエンジンオイルです。適度な性能とコストの良さが売りですが、耐熱性能などは、【100%化学合成油】には及びません。

エンジンオイルの規格

エンジンオイルの規格は、【API】と【ILSAC】、【SAE】そして、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ガソリン・ディーゼルエンジン両方に使えるなどがあります。

ガソリンエンジンオイルの記号は「S」です。

ディーゼルエンジンオイルの記号は「C」です。

  • エンジンオイルの規格その1-【API規格】
  • アメリカ石油協会(American Petroleum Institute)がエンジンオイルの品質を定めた規格です。エンジンオイルの品質を使用条件によって分類しています。ガソリンエンジン用オイル」なら「SA」~「SN」までのグレードに分けられ「ディーゼルエンジン用オイル」なら「CA」~「CJ-4」までのグレードに分類されています。

  • エンジンオイルの規格その2-【ILSAC規格】
  • 国際潤滑油標準化認定委員会(International Lubricant Standardization Approval Committee)が、API規格の「SH」以上のグレードを基に「省燃費性」を定めた規格です。

グレード記号の説明

  • エンジンオイルの規格その3-【SAE規格】
  • アメリカ自動車技術者協会(Society of Automotive Engineers)機械関連の専門家を会員とするアメリカの非営利団体がオイルの硬さ(粘度)を定めた規格です。

    例)10W-40・・・【10W】は、寒い時のオイルの硬さで【W】は、WINTER-冬のWで、寒い冬での粘度の度合いを表したものです。後の【40】は、オイルが高温時での粘度の度合を表しています。

基本的にはメーカー推奨の粘度のオイルを使用することがベストですが、
エンジンオイルを選ぶ際は、あなたのクルマのエンジンや
    シチュエーションに合ったオイルを選ぶことが一番重要です。

  • クルマの使用目的、現在の走行距離、年式、などで選びます。
  • 夏場、極端に気温が高く暑い場合。逆に寒冷地など気温が低く、寒い状況下。季節や気温にあわせて選びます。
    極端に気温が高く暑いときや、気温の高い地域では、エンジンオイルの粘度を若干上げる必要があります。例えば、メーカー指定「10W-30」ならば、「10W-40」にするという具合です。逆に寒い状況下や、気温の低い地域ではオイルが硬くなってしまいます。エンジン動作の抵抗になります。この場合、粘度をメーカー指定より下げるという選び方をします。このように、シチュエーションにあわせて、オイル粘度は、上げたり下げたり調整して選びます。この選び方は、クルマのメーカの説明書にも記載されています。

jda oil

 

株式会社 JDA
古物商許可証 大阪府公安委員会許可  許可証番号 621071301357
〒550-0005 大阪市西区西本町1-9-7 TEL 0120-094-855  FAX 0120-094-835
E-Mail info@directauction.jp  URL http://www.directauction.jp/